エンタメ

東国原英夫の嫁は3人で現在は春香!2度の離婚理由が波乱万丈すぎる

スポンサーリンク

コメンテーターでタレントの東国原英夫さんの現在の嫁は春香さんで、3人目になります。

1人目はフリーアナウンサーで、2人目は女優という波乱万丈な結婚と離婚を繰り返していますねw

そこで、今回は東国原英夫さんのこれまでの結婚歴や3人の嫁についてまとめてみました。

スポンサーリンク

東国原英夫の現在の嫁は春香

東国原英夫さんの現在の嫁は春香さんです。

2014年9月116日に20歳年下の春香さんと入籍しました。

出会いは2011年4月。

東京都知事選挙に落選した後、宮崎の知人が激励会を開催し、落ち込む東国原英夫さんを励ましたのが春香さん。

嫁・春香のプロフィール

  • 長崎県出身(母親の実家だそう)
  • お茶の水女子大卒業
  • モデル歴・レースクイーン時代もあり

大学卒業後、一般企業に就職した後に介護職の資格を取得されました。

春香さんがお茶の水女子大出身で、若いころにはレースクイーンやモデルをしていたことなどの経歴も明かされた。

2015年に出演した夫婦そろってTBS系「私の何がイケないの?」で、かなりの亭主関白ぶりが放送され、批判が起きてました。

  • 東国原英夫さんと嫁は別居中(宮崎と東京)
  • 東国原英夫さんの母の介護を週2回する
  • 東国原英夫さんは4か月に1回しか帰らず

そんな中でも、嫁の春香さんからはピーちゃんと呼ばれているので、亭主関白ではなさそうですよね。

さらに2020年出演したバイキングでは、

嫁の作るポテサラが100点

だと絶賛しているので夫婦仲が良いようですねw

子供

現在の嫁・春香さんとの間には、2017年に生まれた息子・東国原英ノ丞(ひでのじょう)くんがいます。

不妊治療で授かった子供でもあり、60歳という高齢での子供の親になることは、嫁の春香さんとの約束だったようです。

「子供を作る事は、結婚時からの妻との約束でした」

スポンサーリンク

結婚歴3回|東国原英夫はバツ2!

東国原英夫さんの結婚歴は3回です。

  1. 1人目はフリーアナウンサーの片平きみよ(現・片平夏貴)さん
  2. 2人目は女優のかとうかず子さん
  3. 3人目は春香さん

簡単に東国原英夫さんの結婚歴と離婚歴の略歴を見ていきましょう。

東国原英夫の結婚・離婚歴
  • 1985年 片平きみよ(現・片平夏貴)と結婚
  • 1989年 離婚
  • 1990年 かとうかずこと再婚 2度目の結婚
  • 2006年 2度目の離婚
  • 2014年 春香さんと再々婚

それでは一人ずつ見ていきます!

東国原英夫の最初の嫁はフリーアナウンサー

東国原英夫さんの最初の嫁はフリーアナウンサーの片平夏貴さんです。(元:片平きみよ)


元嫁1人目は片平夏貴
  • 芸名 片平きみよ → 東きみよ(結婚後) → 片平夏貴(離婚後)
  • 本名 片平貴美代
  • 1961年12月10日生まれ
  • 宮崎県えびの市出身
  • フリーアナウンサー・タレント

同じ宮崎県出身ということで意気投合したのかもしれませんが、元嫁片平夏貴さんが東国原英夫さんの師匠であるビートたけしさんの追っかけでした。

東国原英夫さんとは番組の共演がきっかけで1985年に結婚。

子供

子供は1人。

息子さんではないかといわれていますが、真相はわかりません。

離婚原因

東国原英夫さんとの離婚原因は、たけし軍団が講談社に殴りこんだ事件「フライデー襲撃事件」です。

新婚生活は、たけし軍団がフライデーに殴り込んだ1986年のフライデー襲撃事件でヒビが入っていったという。

デイリースポーツ

ビートたけしさんから呼び出されて出かけていくと、フライデーに襲撃するときだったといい、そこから4.5カ月帰ってこ来ませんでした。

東国原英夫さんが家に帰ると、元嫁の片平夏貴さんの荷物はなく、出ていったあとでした。

さらに、この「フライデー襲撃事件」を題材にした小説「ビートたけし殺人事件」を出版したことで、印税が多く入り遊ぎすぎたことによって家に寄り付かなくなっていきました。

東国原英夫の元嫁は女優のかとうかず子

2人目の嫁は、女優のかとうかずこさん。

出会いは、ドラマ『ビートたけし殺人事件』で共演し、東国原英夫さんから猛アタックしました。

子供

子供は、2人です。

1990年に長男、1993年に長女が生まれています。

2002年現在は32歳と29歳ですね。

離婚後も、月1回は面会して親子の交流はあったようです。

息子

息子は、東国原守さん。

東国原英夫さんの珍しい名前を残したい、気に入っているようで、東国原性を名乗っています。

守さんは、立教大学の国際経営学部からアメリカのジョージタウン大学の公共政策大学院へ進学しています。

その後、アメリカのシンクタンク「Center for Global Development」のインターンになり、帰国後日本企業へ就職されていると東国原英夫さんが発言されていました。

実際に調べてみると、インターン時代に東国原守という名前が残っていました。

娘の名前は、加藤有里さん(かとうゆり)。

有里さんは高校時代にイギリスへ留学し建築の勉強をしていると言われていますが、情報の出所はわかりませんでした。

かとうかずこさんの公式ブログでは、娘さんが海外へ留学されている話も出ていますし、イギリスの高校は本当のようです。

さらに、理系の大学へ進学されているので、かなり優秀な子供に育っていますね。

そんな有里さんですが、2015年11月にかとうかず子さんとテレビ出演をしていました。

テレビ出演されたときは、海外の大学を卒業された後だったのかもしれませんね。

離婚原因

離婚の原因は、政治家になる東国原英夫さんについていけなくなったからです。

かとうかずこさんから

私と宮崎、どっちが大事なの?

と聞かれ、宮崎!と答えてしまった東国原英夫さん。

離婚後も、未練タラタラでアプローチしていたようですが、かとうかずこさんが拒否。

再再婚のときも、かとうかずこは、「お幸せに!」とあっさりしていたので、日木津っていたのは東国原英夫さんのほうでした。

東国原英夫の嫁まとめ

東国原英夫さんの嫁は3人いて、現在は春香さん。

元嫁との離婚理由も壮絶でしたね。

ミャクミャクの由来がホラーな理由5つ!本当の意味と違う 大阪万博の新しい公式キャラクター「ミャクミャク」が発表されて話題になっています。 以前までは「いのちのかがやきくん」という名前で...

スポンサーリンク